taccoん家の日常

AJ&ちまき、うき&富喜ちゃん(捜索中)とお預かり大学猫との暮し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ご機嫌伺い・・・

で、ボクたちにも秋田のおいしいもん、お土産あるよな?
080702


比内地鶏ってのも有名なんだろ?080702-2

ゴジラ岩って呼ばれてるんだって~、夕焼け時にはキレイらしいよ?

岩ガキでもよろしくてよ!

080702-3

ほら、これが有名な男鹿半島のナマハゲ!



080702-4

これが秋田名物ババヘラだよ。
カリスマおばちゃんはへらでバラの花作ったりするんだってさ~。

080702-5

アイスクリームよかシャーベットに近い味だったけど。


(ーー゛)  (ーー゛)
080702-6

明日、帰りにお刺身買ってきますから~ ^_^;;;


スポンサーサイト

PageTop

アフリカへ行ってきました♪~⑤

さて、長々と自慢げに書いてきたが(笑)、今回でアフリカ話&写真は終わりですから~(爆)

6月15日(日)
すべての観光日程をすべて無事に終えて、帰国の日。
モーニングコール7:30 朝食6:30~ スーツケース収集8:15 集合9:15
ケープタウン空港へ

ケープタウン発11:40 SA332便が30分遅れでヨハネスブルグ着14:10
そして、ヨハネスブルグ~香港へ13時間40分の空の旅
・・・帰りは疲れる~っ!が、幸運にもかなり空いていて、CiaoちゃんがW女史の隣席に移動してくれたんで、tacco2席使って横になり爆睡だったけど ^_^;;;


香港を経由して中部国際空港、そして自宅に着いたのは6月16日(月)23:00

お迎えちまちゃん

えーと、こんな夜遅くにどちらさまですか・・・?
キミぃ・・・1年半一緒に暮らしたtaccoを10日で忘れるのかい? (T_T)

なーんて、ウソですよ~!
C姫はホントに頑張ってくれました!!
7日夜からmikanさんがペットシッターに来てくれましたが、
なんと9日夜にはヒトベッド下でmikanさんの前で食べられるようになり、
翌10日にはお出ましになり、AJと並んで食事の光景を写メールしてもらいました(^^)
残念ながらその時点ではまだ携帯は繋がってなかったのですが、
ヨハネスブルグ(南アフリカ)に着いてメールを受け取った時は本当にホッとしました♪


お土産はなーに?

お土産は~?
いや、キミらに良いものは見つけられんかったんだ、ゴメン!!




そうそう、唯一のちょっとした事件(事故)ってのは、コレ↓です。
スーツケース

わかりますか?
スーツケースのファスナーの留カンが南京錠ごと引き千切られている。
ヴィクトリアフォールズからヨハネスブルグに移動した夜ホテルで気が付いたのだが、
後から思えばヨハネスブルグの空港で、スーツケースベルトが自分の締め方と違っているのに気が付いていたのだ。
なのに、能天気にも『気圧のせいで緩んだのかな?アタシか弱いし~!』とか言っていたのだ。
添乗員さんの確認の下で開けてみたら、
化粧ポーチはファスナー開けっ放しで、スーツケースの内ファスナーや中袋もすべてひっくり返されていた。
幸いにも、何もめぼしいものはなかったらしく盗られた物は何もなかったのだが、
ツアーメンバーのお一人は日本円を盗られたとのことで、
ツアーメンバー27名中、ソフトケース使用者の4名がすべて錠を壊され中が荒らされていた。
同じ飛行機を利用した他のツアーの方も、やはり同様の被害があったらしい。


軽量コンパクトさでこのソフトケースを愛用してきたのだが、やはり今後海外はハードケースにしようと思った。
今回は何も盗られはしなかったけど、引っ掻き回されただけでも不愉快・気分悪いし、ね。




PageTop

アフリカに行ってきました♪~④

6月14日(土)
なんと今日はもう観光最終日・・・遊んでる時間・楽しい時ってどうしてこんなに早く過ぎるのか?
なんていう感慨にふける間もなく、今日も朝から予定一杯。

まずはカーステンボッシュ国立植物園に
カーステンボッシュ1



カーステンボッシュ2

ネルソン・マンデラ氏が植樹したゴールドプロテア(だったかな?・・・花に疎いんで違うかも^_^;)
※追記※
はい、違いました~ストレリチア(和名-極楽鳥花)でした。・・・ちゃんと調べてから書けよ、自分(恥)


カーステンボッシュ3




その後ケープ半島をバス車中から観光しながら、インド洋側へ廻りボルダーズビーチへ
ボルダーズビーチ1

アフリカンペンギンの成鳥


ボルダーズビーチ2

赤ちゃんペンギン・・・毛がグレーのぼわっとした産毛


ボルダーズビーチ3

浜はコロニー♪


ボルダーズビーチ4

子供を守る母ペンギン
・・・どんな生き物も母子が一緒にいると感動しちゃうんだよね、最近特に・・・(年齢的なもの?)




そして、やって来ました喜望峰!

喜望峰1



右手が大西洋、左手インド洋
喜望峰2

自分がココにいることがなんだか不思議



最後に寄ったダチョウ牧場
ダチョウ牧場

ヒトを見ると寄って来てツツクのだ・・・皆ジャケットとか着てたからよかったけど。
やっぱり客がお菓子とか与えるからなんだろうな。
売店もあって、ダチョウの卵を細工したランプとか羽根ボウキとか売ってた。
それはともかく・・・バッグとか財布とかも。。。ニンゲンって残酷だ。。。





PageTop

アフリカに行ってきました♪~③

6月12日(木)
今日は今回の旅行中で唯一1泊だけで移動のため、
モーニングコール6:30 朝食6:30 スーツケース収集7:15 集合8:00
・・・めっちゃ忙しいんですけど~~(>_<)

とはいえ快食快眠快○をモットーとするtacco、
少々凹もうが(凹んだ理由は後記の予定)飲んで寝れば朝は元気。



ということで『人類のゆりかご-スタークフォンテーン洞窟』へ。

ひたすら階段を下り(約200段?)、『Little Foot』の発掘現場、『象の広間』と呼ばれる鍾乳石、
小エビが生息する地底湖(探索したダイバーが行方不明になり・・・2週間後に上がったとのこと)を
見学したのち・・・頭ぶつけたり、腰をかがめたりしながら、根性で階段や坂を上がった。

スタークフォンテーン1

出口の『Mrs. Ples』発見者のブルーム博士の胸像
えぇ、洞窟内の写真なんてtaccoのカメラ&テクでは撮れませんから、出口のこの写真が精一杯なのよっ!


スタ-クフォンテーン2

日時計・・・かなり正確ですな~!(当たり前ですね ^_^;;;)


スタークフォンテーン3

アウストラロピテクスの足型とtacco足
指の開き方が激似と言われ、ちょっと自慢・・・手指より器用かも~?!(爆)


15:05 ヨハネスブルグ発 SA347便でケープタウンへ移動 17:05着
18:20 ホテル着



6月13日(金)
モーニングコール7:00 朝食6:30 集合8:30
このホテルは朝食を早くから食べさせてくれたので、一度もモーニングコールを受けなかった。
・・・ってことは朝早いのは苦手!とか言いながら、食欲はそれに勝るってことなのだね、私たちは?!


当初予定では午前中にケーブルカーでテーブルマウンテン観光だったのだが、
昨日・一昨日と天候不良(強風)のためケーブルカーが運休、
この日も8時現在では運休しているとのことで、
本来ならば明日(14日)予定のシールアイランドへ遊覧船で行くことに。

シールアイランド

が、山が荒れてりゃ、海だって荒れているわさ!
波とうねりと人ごみ(定員何名なの?と確認したくなるほどの乗員・・・勿論全員は座れず朝の通勤電車状態よっ:(ーー゛))のなか、やっと撮れた1枚。
向うの岩にうじゃうじゃいるのが、南アフリカオットセイ。
決してフジツボにこびりついた藻ではありませんからっっ!



そして午後、殆ど奇跡的にテーブルマウンテンのケーブルカーが運行した。
各自が『私の心がけが良いからよ!』とか言いたい放題である・・・勿論taccoも、ね♪(笑)
テーブルマウンテン1

ケーブルカー乗り場から見たケープタウン


テーブルマウンテン2

ケーブルカー

テーブルマウンテン頂上からも撮ったのだが、
ガスに阻まれ自分でも『ココは何処だ?これはなんだろ??』な写真ですた ^_^;


その後市街地のカンパニーガーデン散策
カンパニーガーデン1

リス。って見りゃ分りますね(^^ゞ


カンパニーガーデン2

カンパニーガーデンから見たテーブルマウンテン。
確かにテーブルのように真っ平らな頂上ですな・・・これも自然の妙だよね♪


カンパニーガーデン3

えーと、どなたの像だったかは全く記憶に無いのですが(す、すみません:汗っ)、
彼の手先に留まっているトリさんがとってもフォトジェニックで~、
視線もポーズも決まってるのが面白いと思って撮っただけなのよね~~。
銅像にもなる立派なお方なのに失礼をお許しください<(_ _)>



この後ウォーターフロントで夕食後、シグナルヒルで夜景見物
シグナルヒル

えぇ、ご不満はよーく存じておりますが、これがtaccoの精一杯の夜景写真なんです。


空気が澄んでいるのと余計な街明かりがない(少ない)せいと思いますが、
夜景も夜空もとてもきれいです。
目の悪い(乱視・近視&最近は老眼も:(>_<))なtaccoも、
南十字星がはっきりくっきり確認できるんですから。
ぜひともご自身で見にいらっしゃることをお勧めします。

PageTop

アフリカへ行ってきました♪~②

6月10日(4日目)
相変わらずモーニングコール6:30、朝食7:00、集合8:00でスケジュールは組まれている。

今日はジンバブエからザンビアへ出国し、両国に跨るヴィクトリアフォールズを両側から観るのだ。
現在ザンビアの入国ビザは$50だが、今年1月までは$10だったとのこと。
うーむ・・・去年行ってたら、$40節約できたのに~ええ、ケチですとも(大笑)


まずはザンビア側から
ヴィクトリアフォールズ1

駐車場を抜けてすぐの展望台。
虹がかかっていた。


ヴィクトリアフォールズ2

しかも二重 (*^^)v


ヴィクトリアフォールズ3

源流から
水煙にくもって見え難いがジンバブエとザンビアの国境にかかっているヴィクトリア大橋も見える。


ヴィクトリアフォールズ4

滝壺に近ずくと、ヴィクトリア大橋の下にも掛かっていた。
この後完璧な円を描く虹を生まれて初めて見たのだが、水しぶきが多くて撮影断念。
あ~、マリンケース用意すれば良かった~!と後から思うtacco。(なんせ用意が悪いのだ:(^^ゞ)

今回ツアー参加者27名のうち、カメラが作動しなくなったりデータが壊れたりした人が4~5名いらした。
その内のお一人のおばさま曰く『だって私のは生活防水なのよ!』
そんなこと添乗員さんに言ってもさ~、ちゃんと彼女注意してくれてたぢゃん・・・
この水量は日常生活には滅多にないと思うし・・・


そしてジンバブエに戻り、午後はジンバブエ側から観光。
が、カメラ水没が怖くて殆ど写真撮れず・・・。


ヴィクトリアフォールズ5

でも、良いのだ~ヘリコプターに乗って空から撮ったし♪


ヴィクトリアフォールズ6

くじ運(場所決めのための)悪くて、後部座席の真ん中だったためちょこっとしか写っていないが、
やはり虹がかかっていた・・・しかも今度は一直線。
科学的頭脳の持ち主なら『そんなの当ったり前じゃ!』な事かもしれないが、
素直なtacco(自分でいうか!?:笑)は、自然の不思議さに感動したのだ(^^)

ヴィクトリアフォールズ7




6月11日(5日目)
今日はヨハネスブルグ(南アフリカ)へ移動。
その前にホテルから空港までの間にあるジンバブエで一番大きなバオバブの木を見物。

バオバブの木1

・・・木だけじゃ大きさ分らへんね?!

では、『こーんなに大っきいのよ!』のポーズのtaccoと♪
バオバブの木2

・・・やっぱり分りませんね(爆)



さて、1時間40分の空路の旅で国境を越えてヨハネスブルグに着いたのは、14時前。
ヨハネスブルグの空港で両替した後、バスでライオンパークへ。
まず金網付きのバスというかトラックに乗って園内を周る。

ライオンパーク1

うふふっ、『仲良きことは美しき哉♪』なライオンご夫妻(^^)


その後ベビーライオンズのいる幼稚舎(笑)へGo~!
ライオンパーク2

生後3ヶ月・・・でもちゃんと爪研ぐのだ!


ライオンパーク3

『ママ~ン、抱っこ~~』なんつて、ね(笑)


ライオンパーク4

大きさはAJより一回り大きいくらいだが、手足の太さがAJの負け!(って勝ったら怖いが:笑)
なんとか抱っこしようと試みたが、ちっともじっとしてないのよね~。

Saori嬢(大学猫管理人)ならあっという間に抱き上げて、口こじ開けて『うん、お口はキレイね。口内炎なし!』とか、
耳もひっくり返して、『耳ダニOK~!!』とか言ってるんだろうに・・・と思ったtaccoであった ^_^;


ライオンパーク5

隣の柵の1~2ヶ月大きいコ達。
大きくても遊び方がやっぱり仔ネコと一緒だ~(当たり前です、よね! (^^ゞ)


ライオンパーク6

チーターさん(何故かさん付けしたくなる威厳が・・・)は、頭が小さく手足も尻尾も長くて美しく羨ましい限り。


丁度食事の時間になり、taccoが入った柵のコ達はミルクをもらいに獣舎に誘導されて行った。
全員が我先にと尻尾を立てて走っていく姿も可愛かった(スマン!写真無し^_^;)

ライオンパーク7

4~5ヶ月のコ達は生肉に噛り付いてた・・・これが離乳食ってことなのかな?
それとも離乳食なんて必要ないんだろうか?
そう言えば、外暮らし(taccoはあえて野良とも野生とも言わない)のネコ達は離乳時はどうしてるんだろうか?

・・・話がズレたわ、いつものことだけど。

PageTop

アフリカへ行ってきました♪ 

6月7日(土)16時35分発のキャセイパシフィックCX535便で香港へ
大阪からと成田からも順に集合し、23時50分の南アフリカ航空SA287でヨハネスブルグへ出発。
13時間05分の空の旅・・・寝てれば良いのよっ!ね!?


定刻より25分早くにヨハネスブルグ到着。


そしてヨハネスブルグからジンバブエ・ヴィクトリアフォールズに着いたのは6月8日(日)の11時45分(時差は日本マイナス7時間)。
そのままホテルへ直行しランチ、部屋割りが終わったのは14時半。
部屋に入り荷物を開けて、グダグダしてたら集合時間の16時に^_^;


ザンベジ川サンセットクルーズに出発♪

ザンベジ川クルーズ1

出航時に歌とダンスでお見送り(^^)
民族的な歌(これも民謡か?)もあるが、アレンジしてあるものの『ライオンは寝ている』が一番長かった(笑)
ツアーメンバーのS氏はCDをお買い上げでした~。


ザンベジ川のワニ

見難いですが、ワニが寝ているのだ・・・うーん保護色!ってか写真下手過ぎ!!



ザンベジ川のカバ一家

カバ一家に見送られながら(笑)ボートは進む。
あ、帰りだったかな?



翌日はモーニングコール(頼まなくても毎日手配済みなのだね、ツアー旅行って!?)6:30
朝食7時、集合8時・・・えーと忙しいです・・・グズなtaccoには・・・。
かといっておいてかれるのは嫌なんで、毎日頑張りましたよ。



ジンバブエ~ボツワナ共和国に出国し、チョべ国立公園でサファリドライブ。
サファリドライブ1

最初に見たキリンさん。
この後食事中のキリンも見かけて写真を撮るが、保護色な上にブレブレで没(-_-;)


サファリドライブ2

インパラ♂
最初インパラを見かけてもドライバーが全然止まってくれず『沢山いるから良いんだ』と言うばかり・・・。
『でも撮りたい~!』と言っていたら、ええ仰るとおりいっくらでも何処にでもいらっしゃいました(笑)


サファリドライブ3

イボイノシシ


サファリドライブ4

ドライバーが突然止まって指差すが、taccoには何も見えず・・・。
とりあえず写真撮ったら写ってたトカゲ(?)
うーむ、恐るべしアフリカンドライバーの脅威の視力!注意力!!
ってtaccoがニブ過ぎですか(爆)


サファリドライブ5

再びイボイノシシ
前足肘(?)を折って食事(エサ捜し)、そのままズリズリ~っと移動する仕草が妙に可愛い♪


サファリドライブは終了し、ランチ兼ボートサファリへ移動。

ヒヒの親子

ヒヒの群れ・親子の道路横断に遭遇。
勿論彼らが優先なのだ・・・そういえば街でもクラクションって鳴らしてるの聞かなかったな~。


マリーナロッジで
マリーナロッジ

お客の皿からパンを狩ってきた(笑)何とかサル。
お客もスタッフも特に怒るわけでもなく、一応木の枝を払ったりツルの方向変えてたりするが、
彼らのジャンプ力の前には、焼け石に水でしょうね。
ただヒトの食べ物は彼らの身体に良くなさそうだから、あんまり食べないで欲しいけどね。



ランチ後、待望のボートサファリ出発♪(えへへっ、taccoボートとか水遊びが大好きなのだ)

ボートサファリ1

カバ三頭とワニが中州でお昼寝。ワニが口開けて寝てるのはリラックスしてるらしいです。
taccoもワニ並みですよ~よく口開けて寝てるらしいからさ(緊張感皆無な性格)


ボートサファリ2

上写真の奥にもワニ発見!とても大きかったらしい(5~6mって言ってたかな?)


ボートサファリ4

木の右手に留まっているエメラルドグリーンのハチクイ鳥


ボートサファリ5

ボートの舳先にやってきたカワセミ
カワセミは餌取の為にホバリングして川に急降下、っていう光景を何度も見た。
一度も成功はしてなかったようだけどね・・・(勿論写真は無理ですから)


ボートサファリ6

サファリドライブでも見たのだが、遠目だったしこんな多勢でもなかったので、
あえて初めてのアフリカ象。


ボートサファリ7

その内の3頭(母・娘・姉娘・・・だろうか?)が川を渡り始めた!


ボートサファリ8

一番小さな象を真ん中にしてる。
母象の尻尾を鼻に巻きつけて、まるで手を繋いでいるような子象。


ボートサファリ9

流れがきついのか蛇行しながらやっと無事に渡りきった。


ボートサファリ10

こういうシーンはやはり感動です。
小さいものや弱いもの愛するものを大切に思う心に、違いは無いのだね。
いや、逆にニンゲンの方が愚かで自分勝手なのだろうね・・・最近は特に。





PageTop

帰国・帰宅しました(^^)

ザンベジ川のサンセットクルーズで見た夕陽
ザンベジ川



ちょっとした事件?事故?はありましたが、無事帰国しました。
明日から少しお土産話などしたいと思ってますが、記憶障害者の私なのでどうなるか・・・(爆)


AJにもC姫にも忘れられてなかったようで一安心です(笑)


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。