FC2ブログ

taccoん家の日常

AJ&ちまき、うき&富喜ちゃん(捜索中)とお預かり大学猫との暮し

アフリカへ行ってきました♪~②

6月10日(4日目)
相変わらずモーニングコール6:30、朝食7:00、集合8:00でスケジュールは組まれている。

今日はジンバブエからザンビアへ出国し、両国に跨るヴィクトリアフォールズを両側から観るのだ。
現在ザンビアの入国ビザは$50だが、今年1月までは$10だったとのこと。
うーむ・・・去年行ってたら、$40節約できたのに~ええ、ケチですとも(大笑)


まずはザンビア側から
ヴィクトリアフォールズ1

駐車場を抜けてすぐの展望台。
虹がかかっていた。


ヴィクトリアフォールズ2

しかも二重 (*^^)v


ヴィクトリアフォールズ3

源流から
水煙にくもって見え難いがジンバブエとザンビアの国境にかかっているヴィクトリア大橋も見える。


ヴィクトリアフォールズ4

滝壺に近ずくと、ヴィクトリア大橋の下にも掛かっていた。
この後完璧な円を描く虹を生まれて初めて見たのだが、水しぶきが多くて撮影断念。
あ~、マリンケース用意すれば良かった~!と後から思うtacco。(なんせ用意が悪いのだ:(^^ゞ)

今回ツアー参加者27名のうち、カメラが作動しなくなったりデータが壊れたりした人が4~5名いらした。
その内のお一人のおばさま曰く『だって私のは生活防水なのよ!』
そんなこと添乗員さんに言ってもさ~、ちゃんと彼女注意してくれてたぢゃん・・・
この水量は日常生活には滅多にないと思うし・・・


そしてジンバブエに戻り、午後はジンバブエ側から観光。
が、カメラ水没が怖くて殆ど写真撮れず・・・。


ヴィクトリアフォールズ5

でも、良いのだ~ヘリコプターに乗って空から撮ったし♪


ヴィクトリアフォールズ6

くじ運(場所決めのための)悪くて、後部座席の真ん中だったためちょこっとしか写っていないが、
やはり虹がかかっていた・・・しかも今度は一直線。
科学的頭脳の持ち主なら『そんなの当ったり前じゃ!』な事かもしれないが、
素直なtacco(自分でいうか!?:笑)は、自然の不思議さに感動したのだ(^^)

ヴィクトリアフォールズ7




6月11日(5日目)
今日はヨハネスブルグ(南アフリカ)へ移動。
その前にホテルから空港までの間にあるジンバブエで一番大きなバオバブの木を見物。

バオバブの木1

・・・木だけじゃ大きさ分らへんね?!

では、『こーんなに大っきいのよ!』のポーズのtaccoと♪
バオバブの木2

・・・やっぱり分りませんね(爆)



さて、1時間40分の空路の旅で国境を越えてヨハネスブルグに着いたのは、14時前。
ヨハネスブルグの空港で両替した後、バスでライオンパークへ。
まず金網付きのバスというかトラックに乗って園内を周る。

ライオンパーク1

うふふっ、『仲良きことは美しき哉♪』なライオンご夫妻(^^)


その後ベビーライオンズのいる幼稚舎(笑)へGo~!
ライオンパーク2

生後3ヶ月・・・でもちゃんと爪研ぐのだ!


ライオンパーク3

『ママ~ン、抱っこ~~』なんつて、ね(笑)


ライオンパーク4

大きさはAJより一回り大きいくらいだが、手足の太さがAJの負け!(って勝ったら怖いが:笑)
なんとか抱っこしようと試みたが、ちっともじっとしてないのよね~。

Saori嬢(大学猫管理人)ならあっという間に抱き上げて、口こじ開けて『うん、お口はキレイね。口内炎なし!』とか、
耳もひっくり返して、『耳ダニOK~!!』とか言ってるんだろうに・・・と思ったtaccoであった ^_^;


ライオンパーク5

隣の柵の1~2ヶ月大きいコ達。
大きくても遊び方がやっぱり仔ネコと一緒だ~(当たり前です、よね! (^^ゞ)


ライオンパーク6

チーターさん(何故かさん付けしたくなる威厳が・・・)は、頭が小さく手足も尻尾も長くて美しく羨ましい限り。


丁度食事の時間になり、taccoが入った柵のコ達はミルクをもらいに獣舎に誘導されて行った。
全員が我先にと尻尾を立てて走っていく姿も可愛かった(スマン!写真無し^_^;)

ライオンパーク7

4~5ヶ月のコ達は生肉に噛り付いてた・・・これが離乳食ってことなのかな?
それとも離乳食なんて必要ないんだろうか?
そう言えば、外暮らし(taccoはあえて野良とも野生とも言わない)のネコ達は離乳時はどうしてるんだろうか?

・・・話がズレたわ、いつものことだけど。

スポンサーサイト



PageTop

アフリカへ行ってきました♪ 

6月7日(土)16時35分発のキャセイパシフィックCX535便で香港へ
大阪からと成田からも順に集合し、23時50分の南アフリカ航空SA287でヨハネスブルグへ出発。
13時間05分の空の旅・・・寝てれば良いのよっ!ね!?


定刻より25分早くにヨハネスブルグ到着。


そしてヨハネスブルグからジンバブエ・ヴィクトリアフォールズに着いたのは6月8日(日)の11時45分(時差は日本マイナス7時間)。
そのままホテルへ直行しランチ、部屋割りが終わったのは14時半。
部屋に入り荷物を開けて、グダグダしてたら集合時間の16時に^_^;


ザンベジ川サンセットクルーズに出発♪

ザンベジ川クルーズ1

出航時に歌とダンスでお見送り(^^)
民族的な歌(これも民謡か?)もあるが、アレンジしてあるものの『ライオンは寝ている』が一番長かった(笑)
ツアーメンバーのS氏はCDをお買い上げでした~。


ザンベジ川のワニ

見難いですが、ワニが寝ているのだ・・・うーん保護色!ってか写真下手過ぎ!!



ザンベジ川のカバ一家

カバ一家に見送られながら(笑)ボートは進む。
あ、帰りだったかな?



翌日はモーニングコール(頼まなくても毎日手配済みなのだね、ツアー旅行って!?)6:30
朝食7時、集合8時・・・えーと忙しいです・・・グズなtaccoには・・・。
かといっておいてかれるのは嫌なんで、毎日頑張りましたよ。



ジンバブエ~ボツワナ共和国に出国し、チョべ国立公園でサファリドライブ。
サファリドライブ1

最初に見たキリンさん。
この後食事中のキリンも見かけて写真を撮るが、保護色な上にブレブレで没(-_-;)


サファリドライブ2

インパラ♂
最初インパラを見かけてもドライバーが全然止まってくれず『沢山いるから良いんだ』と言うばかり・・・。
『でも撮りたい~!』と言っていたら、ええ仰るとおりいっくらでも何処にでもいらっしゃいました(笑)


サファリドライブ3

イボイノシシ


サファリドライブ4

ドライバーが突然止まって指差すが、taccoには何も見えず・・・。
とりあえず写真撮ったら写ってたトカゲ(?)
うーむ、恐るべしアフリカンドライバーの脅威の視力!注意力!!
ってtaccoがニブ過ぎですか(爆)


サファリドライブ5

再びイボイノシシ
前足肘(?)を折って食事(エサ捜し)、そのままズリズリ~っと移動する仕草が妙に可愛い♪


サファリドライブは終了し、ランチ兼ボートサファリへ移動。

ヒヒの親子

ヒヒの群れ・親子の道路横断に遭遇。
勿論彼らが優先なのだ・・・そういえば街でもクラクションって鳴らしてるの聞かなかったな~。


マリーナロッジで
マリーナロッジ

お客の皿からパンを狩ってきた(笑)何とかサル。
お客もスタッフも特に怒るわけでもなく、一応木の枝を払ったりツルの方向変えてたりするが、
彼らのジャンプ力の前には、焼け石に水でしょうね。
ただヒトの食べ物は彼らの身体に良くなさそうだから、あんまり食べないで欲しいけどね。



ランチ後、待望のボートサファリ出発♪(えへへっ、taccoボートとか水遊びが大好きなのだ)

ボートサファリ1

カバ三頭とワニが中州でお昼寝。ワニが口開けて寝てるのはリラックスしてるらしいです。
taccoもワニ並みですよ~よく口開けて寝てるらしいからさ(緊張感皆無な性格)


ボートサファリ2

上写真の奥にもワニ発見!とても大きかったらしい(5~6mって言ってたかな?)


ボートサファリ4

木の右手に留まっているエメラルドグリーンのハチクイ鳥


ボートサファリ5

ボートの舳先にやってきたカワセミ
カワセミは餌取の為にホバリングして川に急降下、っていう光景を何度も見た。
一度も成功はしてなかったようだけどね・・・(勿論写真は無理ですから)


ボートサファリ6

サファリドライブでも見たのだが、遠目だったしこんな多勢でもなかったので、
あえて初めてのアフリカ象。


ボートサファリ7

その内の3頭(母・娘・姉娘・・・だろうか?)が川を渡り始めた!


ボートサファリ8

一番小さな象を真ん中にしてる。
母象の尻尾を鼻に巻きつけて、まるで手を繋いでいるような子象。


ボートサファリ9

流れがきついのか蛇行しながらやっと無事に渡りきった。


ボートサファリ10

こういうシーンはやはり感動です。
小さいものや弱いもの愛するものを大切に思う心に、違いは無いのだね。
いや、逆にニンゲンの方が愚かで自分勝手なのだろうね・・・最近は特に。





PageTop